期間限定!内部監査研修資料無料

ISO認証機関も担う
日本能率協会の信頼と実績
講師派遣のカスタム型
内部監査員養成プログラム

 

研修修了者延べ20,000人超の実績!

内部監査員養成研修満足度95%以上

1994年JMA審査登録センター(JMAQA)設置以来さまざまな業界、業種、企業様の内部監査研修や各種認証取得に伴う研修を支援してきました。
時代のニーズや各企業様の課題に合わせて研修内容を変えることで、高い認証理解度と研修満足度を実現しています。

研修満足度95%以上

2018年4月から11月に実施した内部監査員養成プログラム
の受講者アンケートで満足度95%以上の高い評価をいただきました。

一般社団法人日本能率協会
ISO研修事業部
TEL :03-3434-1242 / FAX : 03-3434-1243
Email : ISOWEB@jma.or.jp
案内の人

お気軽にご相談ください!

日本能率協会が選ばれる理由

1

日本能率協会の人気専任講師が研修を担当

  • 専任講師が、貴社の内部監査結果や審査での指摘事項を反映させた研修を行います
  • 貴社のマニュアルや内容に合わせた演習を行うので監査内容が身につきます
  • 貴社に伺い、講義内容をテレビ会議で各拠点と中継を結ぶことで全社共通の研修が可能になります
カスタム型の内部監査員養成コースとは

2

専任講師による監査内容を具体化します

  • 講師が説得力を持って講義するため、マネジメントレビューへのインプット情報がより具体化します
  • 指摘事項の対応を検討する際、認証機関の日本能率協会専任講師が同業他社などの事例を基に研修を考えます
  • 自社の弱点を専任講師と共有でき、確実に改善が進みます
研修のメリット

3

特定のテーマでピンポイントな内部監査員強化も対応

<例>

外部審査で“内部監査が弱い”と指摘されたので、今年度は「内部監査員のスキルアップ」を図りたいが、せっかくの機会だからISOの基礎も復習したい。

特定のテーマをもとにした内部監査員研修例
一般社団法人日本能率協会
ISO研修事業部
TEL :03-3434-1242 / FAX : 03-3434-1243
Email : ISOWEB@jma.or.jp
案内の人

お気軽にご相談ください!


ご要望に応じたカリキュラム設計

講師派遣型研修では、1社1社の問題、課題に対応したオリジナルのカリキュラムをご提供します。

ベーシックカリキュラム

ベーシックプラン
  • 内部監査員の役割
  • 内部監査での着目ポイント
  • 監査スキル向上のために
  • 監査所見=不適合/観察事項の記述方法
  • 演習1 標準ケースによる監査所見の記述スキル
  • 是正処置・改善策の評価ポイント
  • 演習2 標準ケースによる是正処置評価スキル

カスタムカリキュラム

カスタムカリキュラム
  • ISO基礎(復習編)★
  • 内部監査員の役割
  • 講師による過去の内部監査/審査結果の分析・評価とフィードバック★
  • 監査スキル向上のために
  • 演習1 自社の前回指摘事項をケースにした内部監査演習★
  • 是正処置・改善策の評価ポイント
  • 演習2 標準ケースによる是正処置評価スキル

講師派遣型研修でコストダウン

費用の特徴

講師派遣研修の場合、参加者の人数によって費用が大きく左右されません。
研修内容も「内部監査員研修」と「文書類のスリム化研修」等のカリキュラムを加え、カスタマイズすることができます。
貴社の状況に合わせて研修を行うことから、費用対効果に優れています。
また、公開研修に参加する方の移動、交通費を考えると、1石3鳥以上の効果が得られます。
詳細は、お問い合わせください。

最低費用

30 万円前後~

例:30人が研修受講した場合の一人あたりの研修費用は、10,000円~になります。
研修内容やご要望により訪問日数異なるため、詳細はお問い合わせください。

一般社団法人日本能率協会
ISO研修事業部
TEL :03-3434-1242 / FAX : 03-3434-1243
Email : ISOWEB@jma.or.jp
案内の人

お気軽にご相談ください!

ユーザインタビュー

case

01

株式会社スガテック様

テキスト、教材はスガテック向けに編集されており、研修で使う品質マニュアルや規定、手順書なども当社のものですから、研修全体が自分たちに合った内容にカスタマイズされているのです。 
研修にはさまざまな部署から参加しており担当業務の種類も多岐にわたりますが、『なるほど、自分のこの仕事の中のこの部分が規格の〇〇にあてはまるのか』『自部門業務のこのプロセスが、要求事項の〇項をカバーしているのか』などと理解できるのです。 

→詳細はこちら

case

02

理研ビタミン株式会社様

研修を受けるにあたって期待したことは、『2015年版についての環境委員会メンバーへの教育・訓練』『2015年版へのスムーズな移行と移行審査対応』でした。環境委員会とは本社のEMSのまとめ役組織です。委員会のメンバーは10名で、内部監査員も兼ねていますが、このメンバーにまずは2015年版をしっかり理解させることが必要だと考えたのです。

→詳細はこちら

case

03

本田技研工業様

日本能率協会に研修をオフィス系でお願いした理由は、2015年版への認証の移行に対する対応を図る為、研修をお願いしました。今回、6種類の研修をお願いしました。いずれも講師に来てもらう出張型です。研修のプログラムの中には2015年版だけでなく、ISO14001全般はもちろん、環境法規の理解・審査対応などを取り上げた内容も含まれています。

→詳細はこちら
一般社団法人日本能率協会
ISO研修事業部
TEL :03-3434-1242 / FAX : 03-3434-1243
Email : ISOWEB@jma.or.jp
案内の人

お気軽にご相談ください!

認証機関の充実した各種対象研修

  • ISO9001(品質)
  • ISO14001(環境)
  • ISO22000(食品安全)
  • FSSC22000(食品安全)
  • ISO13485(医療機器)
  • ISO/IEC27001(情報セキュリティ)
  • ISO/IEC20000(ITサービス)
  • BS-OHSAS18001(労働安全衛生)
  • ISO50001(エネルギー)
  • ISO22301(事業継続)
  • ISO39001(路交通安全)
  • SO20252(マーケットリサーチ)
  • CSR
  • コンプライアンス
  • 規格改訂対応
  • 基礎セミナー
  • システム構築
  • システム統合
  • 経営者・幹部向け
  • スリム化・改善
  • 内部監査員養成・レベルアップ
  • 新任ISO事務局支援
  • 各種法規制

研修までの流れ

STEP

01

貴社よりお問い合わせ

貴社よりお問い合わせ

TEL:03-34341242
FAX:03-3434-1248
http:/isowieb.jma.or.jp/

STEP

02

打ち合わせ

打ち合わせ

研修の目的や課題に沿った
研修をご提案

STEP

03

ご提案

ご提案

日程・費用の決定

STEP

04

研修を実施

研修を実施

STEP

05

事後フォロー

事後フォロー

※アンケート・
修了証授与など

一般社団法人日本能率協会
ISO研修事業部
TEL :03-3434-1242 / FAX : 03-3434-1243
Email : ISOWEB@jma.or.jp
案内の人

お気軽にご相談ください!